楽器屋店員effectorman

現役バンドマン(10年選手)兼 現役楽器店店員 現場で使える情報を発信中!

10年以上ステージに立ち続ける現役ギタリスト 兼 10年以上楽器を販売する現役店員

こんにちは!
effectormanです!今日もブログを読みに来て頂きありがとうございます!!

今日のテーマ!
同じエフェクターなのに同じ音出ない問題 

好きなアーティストと同じエフェクターを買ったのに同じ音が出ません。
コレ、お店で良く聞かれます。。。

先に答え言っておきますね。

同じエフェクター買っても同じ音は出ません。




では、なぜ同じ音が出ないのか。
その問題、とくに歪みに関してお答えさせて頂きます!!

原因1.そもそもメインの歪みをエフェクターで作っていない。


あるあるですね。
歪みエフェクターが入っているのを見てそれで音を作っていると思いきやメインはアンプ。エフェクターは味付け程度。
良くあります。

原因2.CD、YOUTUBE等を参考にし過ぎ。 
音源というのは

アンプ→マイク(種類で音が激変します)→録音→ミックス作業 (コンプ、リバーブ、EQなどを通過)→マスタリング→CD
と、音が変る場所をいくつも通過したものを私たちは聴いています。
それをMP3に圧縮してイヤホンで聞いたギターの音をアンプから出そうとしてしまいがち。
本人たちはアンプからもっと圧があったり迫力のある音を出しているのに真似しようとし過ぎてCD以下の音圧で音を出していしまう。。。これではバンドの中では成り立ちません。

原因3.弾いている人が違う。 
これ言っちゃうと話が。。。
ただ、そこも含めて研究する価値があるのです!
ピッキングの角度、強さ、腕の振りなど細かい所も自分と照らし合わせてみると意外と面白いかも?? 

原因1.の場合はその方がつかっているアンプの音を出せるエフェクターを探すのが一番簡単。
Marshall使っているならマーシャル系!
Bogner使ってるならBogner系!
Fender使ってるならFender系!

などなど、各ブランドから発売されているので要チェックです!!


原因2.の場合。
店頭にいるとこのパターンめっちゃ多いですね。
試奏時も音量をかなり絞って、少し大きい音になると全然弾けない。。。住宅環境などさまざま問題はありますが大きい音をコントロールするのも技術ですからね!たまにはスタジオで大きい音出しましょう!本物の音圧を体感した人間とそうでない人間では出す音が何倍も違いますよ!! 

原因3.の場合はとにかく集めれる限りの資料、動画、生い立ちなど細かく研究しましょう! 
その人「オタク」になるのです。兎に角研究してくと意外なところにヒントが落ちているかも??


好きなアーティストに憧れるっていうのはやはりモチベーションになりますので大切にしていきたいですね!

では今日はここまで!! 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット