楽器屋店員effectorman

現役バンドマン(10年選手)兼 現役楽器店店員 現場で使える情報を発信中!

10年以上ステージに立ち続ける現役ギタリスト 兼 10年以上楽器を販売する現役店員

こんにちは!effectormanです!!
今日もブログに遊びに来てくれてありがとうございます!

今日のテーマ!
ギターが上手くなる1番の方法。音が良くなる1番の方法。
です。

この2つを良くすればギタリスト、ベーシストとして一歩も二歩も上に行く事が出来ると思います。
僕自身が1番実感できた方法かつ、全てのプレイヤーに当てはまる方法ですので是非やってみてほしいんです。

しかも、楽器が無くてもできます。

よくある「運指の練習」とか「メトロノームを使って」ではありません。

もちろん、そういう練習も必要な時もありますが今日お話するのはそれ以前の話しで、更に言えば1番大切な事だと思います。


その方法は
イメージする事
です。

こいつ何言ってんの?って思った方、最後まで読んでーー!!w


運指の練習を何時間しました。
とか
スラップの基礎練を何時間もしました。
とかも大切なんですが大前提の「イメージ」がなければその練習の意味や効果は半減してしまいます。



本来楽器を演奏する上でイメージをする、言い換えれば想像する事ってものすごく大切な事なんです。

何ですが多くのプレーヤーがそこを飛ばして

スウィープが、オルタネイトが、スラップが。。。
となってしまっています。
簡単に言うと「運動的」になってしまってるのです。

ストレッチとか筋トレみたいな感じ。

どんなスポーツ選手もきっとストレッチだって筋トレだってしますよね?

ただ、ストレッチと筋トレしてるだけで野球上手にはなりませんよね??
急に投げれなかった変化球投げれませんよね??

本来、ストレッチ 筋トレの前に「イメージ」があるはずなんです。
例えば
「外角にスッと曲がって行くけど速度が落ちない球」
を投げたいというイメージがあってスタートする事なんです。

「外角にスッと曲がって行くけど速度が落ちない球」を投げたい
                       ↓
今の自分は曲げる事は出来るけど球速が落ちてしまう
                       ↓
その為にどんな練習が必要か
                       ↓
このフォームじゃなくてもっと下半身を使わなきゃ無理だな
                       ↓
下半身を集中して筋トレしよう
                       ↓
怪我を増やさないように同時にストレッチにも気を使おう


となるはずなんです!
ただこの順序の真逆をやってしまう人がとても多い!
何となく上手くなる為に運指の練習をするとか。

その場合、まず自分にとって上手いって何かを考えるべきです。

速弾きができる事なのか綺麗にコードを沢山弾ける事なのかダウンピッキンクが速く弾ける事なのか。
これは人によって全然違うはずなのに漠然と「上手くなりたい」と自分の「上手い」とは何かを考えずに練習をスタートしてしまうなら迷子になるのです。
簡単にいうと目標がない状態。

上手いは人それぞれ沢山あります。
それを見つけるのが最初です。
自分が1番憧れるプレーヤーを自分の中で「上手い」とするのもありですし、「変拍子を簡単に弾ける」を「上手い」と思うならそれでもいいです。
そつなくどんな事でもできる事を「上手い」と思うならそれでもOK!!

で、この最初の上手いイメージをどれだけ強く明確に持てるかで全然変わってくるのです!!

そのイメージを作る時のコツなんですが
「自分が弾けている状態をリアルにイメージする」
事がめちゃめちゃ重要です!!

例えば
スラップが上手くなりたいなら
「こんな感じで弾きたい」から始まり「こんな音色で」とか「これぐらいのステージの大きさで」とか「何人ぐらいのお客さんがいて」とか「こんなフォームで」とか「こんな表情で」とか
そこまで行ければ最後はその状況が叶ったら「こんな気持ちになる」
ここまで行ってください!
これぐらい細く強くイメージできればほぼ成功したも同然です。

単純にそのイメージに向かって練習をするのです。

そうすると何となくやっていた運指の練習が今はあまり必要無いと感じるかもしれませんし逆に必要無いと思ってた練習が急に必要性を感じる。こんな事が起きると思います。 
その感覚に従うべきです。

練習をサボりたくなる事も減ると思います。
強いイメージがあればむしろ練習したくなります。
嘘だと思う方は強くイメージして下さい。自分の理想のプレーヤー像に自分がなった姿を鮮明にイメージしていればきっと気持ちがワクワクすると思います。
その「ワクワク感」を感じる事ができさえすれば練習勝手にします。
心が折れそうになったらもう一回イメージして「ワクワク感」を思い出して下さい。

これがギターが上手くなる1番の方法です。

音が良くなるのも一緒。
細かく鮮明にとにかくリアルに頭の中で出したい音をイメージしてください。
後はそのイメージに近くなるような調整、弾き方、機材選びをすればいいだけなんです。

イメージが無いと人はすぐに迷子になってしまいます。
逆に明確なイメージさえあれば目的地が見えているので最短距離で目的地までつけるはずなんです。

ここまで読んでくれたら何となくイメージの大切さを理解して頂けたのではないでしょうか??
少しでも皆さんの音楽活動がより良い物になる事を願ってます。

では!!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット